オールオンオンフォー(All-on-4)とは

All-on-4

特長1 最少4本のインプラントで全ての歯を支える治療

これまでのケースでは、すべての歯を失った患者様は通常のインプラント治療では十分ではなく、骨の移植や8~14本ものインプラントを埋入しなくてはならない負担が大きな手術でした。

しかしながら、歯科医療技術の発展により、最少4本のインプラント埋入で歯をしっかり補綴する治療法「オールオン4(All-on-4)」が開発され、治療の負担を必要最低限に抑えることができるようになりました。

「オールオン4(All-on-4)」とは、奥歯に近い方のインプラントを骨のある部分に斜めに埋入し、インプラントにかかる力を広く均等に配分し、少ないインプラントですべての人工歯を支える治療です。歯を支える顎の骨の状態によってはインプラントの本数が4本以上になることもあるため、まず当院の専門医師によくご相談ください。

最少4本のインプラントで全ての歯を支える治療

特徴2​たった一日で取り外しの要らない歯に

「オールオン4(All-on-4)」は、インプラントの埋入本数が少なく、抜歯からインプラントの仮歯の装着までが1日で終了します。今まで使用していた歯や入れ歯を手術当日まで使えることも安心ですし、手術後には新しいインプラントで食事をすることができます。
しかしながら、歯を支える顎骨の状態によって同日に固定式の仮歯を入れられない場合もございます。その場合は、事前にお伝えし、可能な限り歯がない状態にします。

オールオン4のメリット

最先端の設備と教育を受けた専門スタッフで治療します。

オールオン4には、高度な技術が必要なため、直接治療をする歯科医師はもちろん、手術に携わる歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士も、オールオン4治療の豊富な知識と経験が必須です。
当院では、インプラント治療専門医教育を受けた医師が治療いたします。また、患部を立体的に診察する3次元撮影CTや歯科用顕微鏡を導入し、精度が高くより安全で確実な治療をおこなっております。

最先端の設備と教育を受けた専門スタッフで治療します。

オールオン4の治療の流れ

手術の流れ

事前の検査と準備

事前の検査と準備

レントゲン写真を撮り、 全体的な治療計画を立てます。同時に、お口のなかの型を取り、かみ合せを確認してから、手術後に装着する仮の歯を前もって作製しておきます。

当日 STEP1

当日 STEP1

患部に歯が残留している場合は抜歯してからインプラントを埋め込みます。麻酔をしてからおこなうため、痛みはまったく感じません。

当日 STEP2

中待合

インプラントを埋め込んだ後は、休憩用の個室でしばらく休憩します。状態により数時間休憩していただく場合がございます。

当日 STEP3

口腔外科出身ドクターの手術

休憩後、埋め込んだインプラントの上に、前もって作製した仮の歯を装着します。
歯の状態により、仮の歯の装着が手術翌日以降になる場合もあります。
仮の歯を使用されている間に、かみ心地、形、色などを調整し、最終のかぶせ物に反映し、かぶせ物を使いやすくします。

約6ヶ月後に最終の被せ物(ブリッジ)を取りつけます。

仮の歯と、強度が高く美しい仕上がりの最終ブリッジとを交換します。最終ブリッジ装着後は、ご自身の歯のように何でもかめるようになります。

DUMMY

WEB相談予約